インプラント治療において重要なこと
インプラントとは、人工の歯根(インプラントと呼ぶ)をあごの骨に埋め込み、その人工歯根とあごの骨が綺麗に結合した後、その上に人工歯冠を装着する歯科治療のことを言います。

古賀歯科医院では、インプラント治療において以下のようが大切なことだと考えています。

インプラント

1.患者様と術者や医療スタッフの間に信頼関係が築かれていること
2.患者様ご自身が治療に対する思いやご意見を十分に述べられ、治療の方針・内容に関して十分理解・納得していただくこと
3.術者、スタッフが、手術・処置に対し十分な知識・技術があること
4.高品質のものを使用すること
5.常に新しい知識・器具が導入されていること

インプラント治療に対する考え方
当院では、ただ単に歯が抜けてしまっているからという理由でインプラント治療をお勧めしていません。いかにしてその方の健康な口腔の機能を長く維持していくことができるかを考えて、それぞれの方に最も合った適切な治療方法を計画・検討し説明をしていきます。

また、患者様ご自身が、治療の内容に対し十分理解され、納得されてインプラント治療を受けられることが一番重要なことと考えています。

それでは、あまりインプラントに詳しくない患者様が理解されるにはどうしたらよいでしょうか?

このことはインプラント治療に限ったことではありませんが、医療者側からの一方的な説明だけでなく、これから受けるであろう治療がなぜ必要なのか、ほかの選択肢はどのようなものがあるのか、また患者様ご自身の考え・希望をお聞きしながら、じっくりとカウンセリングを行い、その結果として治療の方法を患者様ご自身に決定していただくことが、治療の成功に大きく寄与するものだと考えています。

CTを導入しています
当院では、初診時の口腔内写真、レントゲン写真、歯周組織検査などを用いて患者様の現在の状況をお伝えして、患者様のご希望や思いを述べていただき、カウンセリングを行っています。
CTで撮影した画像1
インプラント治療や口腔外科外科的な処置を行うときには歯科用のCTスキャナーを用いて骨の状態(幅、高さ、神経血管までの距離など)を立体的なレントゲン写真を撮影してカウンセリングを行います。
CTで撮影した画像2
通常のレントゲン写真は、平面でしか撮影できないので骨の厚さ、神経血管までの距離は正確には把握できません。
CTで撮影した画像3

なぜ高価な歯科用CTを導入したか

インプラントなど治療を行ううえでより安心・安全な治療の確実性を増すためです。

最近は、多くの医療機関でインプラント治療が行われていますが、そのほとんどが歯科用CTや手術室を設けないで実施されています。

当院の院長は、佐賀大学口腔外科に勤務し、多くの外科症例を執刀してまいりました。例えば、口腔内腫瘍、顎変形症、埋伏歯抜歯、口唇口蓋裂、インプラント、顎骨のう胞などです。そのような経験をつむ中で三次元的(立体的)に手術部位を確認できることが手術の成功に非常に大きく関与すると考えていました。

従来の歯科のレントゲンでは平面でしか確認できません。骨の幅、高さ、神経・血管、上顎洞、病変の大きさや部位など手術時に必要な情報が非常に限られてしまいます。CTスキャナーによる三次元画像が無い場合は、術者の経験と勘を頼りに手術を行います。CTスキャナーを導入することで手に取るように観察でき手術も安全にスムーズいきます。

口腔外科専門医がいます
古賀歯科医院では、インプラント治療や外科手術に関しては、経験と知識が豊富な口腔外科専門医が治療を行いますので、安心して処置・手術を受けることができます。

さらに各スタッフにおいても、毎週勉強会を開き、最新の知識の吸収に努めています。
口腔外科専門医とは・・

社団法人「口腔外科学会」が認定する専門医のことです。

この資格を取得するためには、選定された研修施設で7年以上の間、実際に症例を受け持ち、数多くの口腔外科手術を経験しなければいけません。書類選考、筆記試験、口頭試問を受け、合格して初めて口腔外科専門医として認定されます。

口腔の奇形、口腔の腫瘍、口腔の炎症、埋伏歯の抜歯、口腔・顔面の外傷、歯科インプラント、有病者の治療、粘膜疾患の診断などの症例を担当・手術を行います。

院長は、佐賀医科大学口腔外科(現佐賀大学口腔外科)で1982年~1990年まで外来・病棟医長を経験し、数多くのたくさんの症例を経験してきました。

社団法人「口腔外科学会」のホームページ

使用しているインプラント製品
インプラント治療は、全額自費の高額な治療のため金額が安いほうがいいとと誰でも考えてしまいます。

しかし治療費が安いだけで本当にでいいのでしょうか。いま、日本で発売されているインプラントの種類は200を超えているといわれています。その中で臨床的にまだ十分検討されていない素材のものもたくさんあります。

インプラント製品
当院で使用しているは世界で最も使用されているインプラント製品のひとつです。自分の体の中に入れるものですから信頼できるできるものでむなければなりません。

入れてしまってからでは遅すぎるのです!

インプラント治療を受けられた患者さまの言葉

  • 手術(インプラント埋め込み手術)は、思ったほど大変ではなかった。
  • 手術のあとも予防のために痛み止めを1回飲んだだけだった。
  • 手術後の出血もほとんど無かった。少しにじむ程度であった。
  • インプラントは、自分の歯と同じようにかめる。
  • 以前、義歯を入れていたが、義歯に比べると噛む力が全然違う。
  • 義歯と違って取り外しをしなくて便利だ。

※費用のことから治療方法、治療期間に関することまで、どんな小さなことでも構いません。お気軽にお問い合わせ下さい!

ページ上部へ戻る